‘ごあいさつ’ カテゴリーのアーカイブ

ロータリーEクラブの設立に思う

2011年4月9日 土曜日

■Eクラブの設立経緯
・2001年4月 RI規定審議会:試験的プロジェクトの承認
クラブの定款の諸規定がRI定款または細則に合致しないクラブ(上限数を200)の加盟を承認。この試験的プロジエクトの実施期間は5年を上限とすることが決定。

・2001年9月:RI理事会 Eクラブを試験的プロジェクトとして支援することに同意

・2002年1月:インターネットによるクラブが世界で初めて誕生
(サイバークラブ・Rotary e-Club One・D5450 誕生) (www.rotaryeclubone.org)。

・2004年6月 RI規定審議会:Eクラブへのメーキャップ可能
規定審議会の決議により、e-クラブ(サイバークラブ)のホームページに30分参加すればメークアップとして認められることになった。(現在、e-クラブは28クラブ)また、試験的プロジェクトの時間制限を5年から6年に延長することが認められた。

・2007年4月:RI規定審議会:Eクラブの廃止・Eクラブへのメーキャップを認めない提案否決
日本から提案のEクラブ廃止案(148:340)及びメーキャップを認めない案(122:371)いずれも否決。

・2010年4月:RI規定審議会 1地区2つまでEクラブ設立を認める
RI規定審議会において、制定案10-06が圧倒的多数で修正可決され、1地区2つまでのEクラブ設立を認めることが決定した。 (賛成430:反対85)
——————-
■Eクラブ設立に向かって
Eクラブ設立につきましては、別に地区の義務ではありません。試験プロジェクトの段階では日本の主流の意見は、試験的プロジェクト通りの運営がされていない事や、簡単にメークアップができるなどPGDが非難することが多かった。世界ではIT化が進みそのコミュニケ―ション力を外せないことになるが、ご自身が使わないからと言って「食べず嫌い」とでもいう反対が広がっていった。その本質的なことでなく運用法から非難していた。

しかし2010年のCOLで上述しましたように圧倒的多数で賛成され、RIも長期計画などにEクラブの設立を支援する方針が打ち出された。

2650地区でEクラブ設立の推進派は日本で初めて、非難されないしっかりしたクラブをつくろうと目指し、スポンサークラブを探した。2650地区、京都、奈良、滋賀、福井と各ちいきより少なくとも1クラブの、スポンサークラブお募ったが、人数的に多い京都府下ではそのスポンサークラブの名乗りは現在ない状況である。現在4クラブ(福井県で2クラブ、滋賀県、奈良県で各1クラブ)がスポンサークラブである。ただ、クラブが一丸となっていないようにも見える。

ただ、栗田幸雄ガバナーとして実現にむけて積極的に取り組みたいと言うご意向でしたので、微力ではございますが一緒に努力をさせて戴いております。

ガバナーはRIの役員であり、RIの方針を前向きに検討していく必要もあるとお考えのようですし、現状の日本のロータリーの会員減少や老齢化、弱体化を考えますと、今後いろいろな取り組みを検討していくことは大切だろうと思っております。会員の多様性を積極的に進める一翼としてこのEクラブ設立達成に努めております。

実際、RIの新長期計画の具体的な進め方のなかでも、地区としてもEクラブの設立に協力すると言うことが書かかれています。
また、昨年11月のRI理事会で決定されました、会員の多様性を図る新しい4つの試験的プログラム(法人会員、準会員、衛星クラブ、革新性と柔軟性のなるクラブ)なども長期計画のクラブサポートの一環として考えられたものと存じます。

また、2013年COL(規定審議会)にはRI理事会が例会出席、例会のオプション、会員終結に関して、RI定款と標準ロータリー・クラブ定款を改正する立法案を提出すると言われております。

特に、「革新性と柔軟性のあるクラブ試験的プログラム」につきましては、クラブ運営に関わる形式や方法を独自に決定する裁量をクラブに与えるものと定義され、その一例として、クラブは家族会員資格を提供したり、オンラインと対面式の例会を一体化させたりすることができるとあります。
つまり、通常のクラブでもインターネット例会とリアルの例会を組み合わせたり、従来の例会の持ち方やクラブ運営を再検討しようという試みだと考えております。
昨今、創立100年を経てRI自体も時代の流れに従って、クラブ運営や例会のあり方自体を大きく変えようとしているものと思います。
今回、我々の試みがどのような結果になるかわかりませんが、世界のIT化の流れは変えることができないものだと思いますし、RIが推進する若い世代のロータリアンを増加させるような施策も今後、継続されるものと思います。

私自身はEクラブが唯一の解決策だと考えてはいませんが、新しいことにすべて感情的に頭から否定するのではなく、なんでもやってみる、挑戦してみて、少しでもロータリーが良い方向に向くように努力してみるということが大切でないかと考えております。

勿論、ロータリーの理念を変更することには反対ですが、そのやり方や運営の仕方は、時代ともに変えなければならないと思います。

何卒意のあるところをお汲み取り戴ければ幸いに存じます。今後ともどうぞよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
▼詳しくは・・・・
http://www6.ocn.ne.jp/~ytrotary/eclub/index.html
——————————————
スライドを使っての説明会の内容
——————————————-
1.日本の会員とクラブの現状
2.Eクラブの背景と経緯
3.リアルクラブとの違い
4.会費及び予算
5.対象とする会員
6.その他 質疑

会長の挨拶

2009年7月7日 火曜日

和と創造 (本年度のクラブ会長テーマ)
090707_04 伝統と品格ある大和高田ロータリー・クラブの第50代会長を拝命し、身に余る光栄と改めてロータリアンを志すものの自覚と、多くの事業の中で今何をすべきかを考えるとき、その責任の重大さを痛感しております。
 会長の役割と責務には「クラブが効果的に機能するよう指導する」ということで次の5つのものがあります。

・会員基盤を維持、増強する。

・地元社会および海外の地域社会のニーズに取り組む成果溢れるプロジェクトを実施する。

・プログラムへの参加と資金寄付の両面を通じてロータリー財団を支援する。

・クラブ・レベルを超えてロータリーで奉仕できる指導者を育成する。

・職業奉仕をよく理解し、高い倫理性の推進をおこなう。 

 半世紀経った今、一人ひとりがロータリーの基本「奉仕の理想(理念)」を再確認することも必要であります。

ロータリーには「入りて学び、出でて奉仕せよ」”Enter to learn,Go forth to serve”という標語があります。

一週一回の例会に集い、例会の場で、職業上の発想の交換を通じて、分かち合いの精神による事業の永続を学び、友情を深め、自己改善を計り、その結果として奉仕の心が育まれてきます。この例会における一連の活動のことをロータリーでは親睦(=友愛)と呼び、例会で高められた奉仕の心をもって、それぞれの家庭、職場、地域社会に帰り、奉仕活動を実践します。これが理想的なロータリー・ライフでしょう。

また、言うまでもなく趣味などを通じて友をつくることも大事なことであります。クラブの継続とさらなる発展のため総力をあげ、よき伝統である「言いたい言いの怒りっこなし=和」を旨とします。ジョン・ケニーRI会長の「ロータリーの未来はあなたの手の中に」、富田謙三ガバナーの「育てよう、人。」の下、会員一人ひとりの「資質の向上=ロータリーを楽しく理解」することがクラブの未来をより良く発展させるものとなりましょう。「ほんとうにロータリーに入ってよかった」良い人と出会った、よき友を得たと言えるようになることが、真のロータリアンになることではないでしょうか。

また、後輩を育て、新しく創造が生まれていくことにより、ロータリーの歯車は回っていくと思います。

 本年度は特にクラブ創立50周年の準備年とし、「和と創造」をクラブテーマにし、会員皆さまと共にさらなる継続的発展に努めます。皆さまのご指導、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

◆本年度の基本方針
奉仕プロジェクト

 近隣地域社会を中心とした有効な奉仕活動を開発し、記憶に残る奉仕を実践しよう。基本となる職業奉仕理念を再確認し、高い倫理性の推進をしよう。

・クラブ管理運営

   CLPに基づく効果的なクラブへの改革を推進しよう。充実した親睦、研修活動を行う。会員・家族を含む同好会の拡充や出席率の向上を図る。

会員増強・広報

  会員の増強・退会防止(実増1名以上と80%以上の会員維持)、広報活動(行事活動、ロータリー情報含む)を効果的な対策を考えよう。3年後には会員100名以上を維持しよう。

財団・米山奨学会

  財団・米山記念奨学会を理解し、RI、地区の要望等に基づき計画的な寄付をおこなう。地区補助金の利用を検討しよう。

会員研修

  クラブ研修リーダーの下、計画的に研修プログラムをつくろう。

その他

 クラブの50周年記念事業への協力、行事や委員会の報告を徹底する。
 
◆ロータリー略歴 
1982年11月2日 大和高田RC入会(37歳)
1986~87年度 会報委員長
1988~89年度 青少年活動委員長(理事)
1991~92年度 S.A.A(役員)
1992~93年度 社会奉仕委員長(理事)
1994~95年度 職業奉仕委員長(理事)
1995~96年度 雑誌委員長
1996~97年度 ガバナー事務所月信担当副幹事
1997~98年度 国際奉仕委員長(理事)
1998~99年度 米山奨学会委員長
1999年6月8日 リズモー西姉妹RCへ訪問  1999~00年度 地区GSE委員
2000~01年度 クラブ幹事(役員)
2001~02年度 インターネット委員長
2001~09年度 クラブのWebサイト管理者
2001~03年度 地区GSE委員
2003~04年度 ロータリー情報委員長
2003~06年度 地区ロータリー情報委員
2004年5月    第95回国際大会(大阪)ITスタッフとして参加
2007~08年度 規定・内規委員長
2007~10年度 地区マニュアル編集委員
2008~09年度 クラブ会長エレクト(役員)/クラブ研修リーダー

ブログマニア?

2007年7月7日 土曜日

▼ごあいさつ
小生のブログ参加もこれが7つ目、まだ使い分けははっきりしていない。GoogleのBloggerから何となく始めることになりました。
仕事は、学習塾、パソコンスクールの塾長兼講師、トランクルーム、貸画廊と駐車場を経営しておりますが、もっぱら塾とパソコンスクールが趣味の延長といったらお叱りを受けますが、続けております。
他は、奉仕活動、ボランティア活動といったところ、本年からは規則正しく月2回のゴルフを楽しんでいる62歳の元気なおっちゃんです。

Freeml(2),Teacup(2),livedoor(1),Mixii(1),Yahoo(1),Ameba(1)そして、Googleまあ、私の仕事や趣味に合わせてそれぞれ月1回は日記風に書いております。

阪神タイガースやパソコン関連、社会問題、教育問題、ボランティアや奉仕活動そして日常の生活を書き留めておこう。