‘ロータリークラブ’ カテゴリーのアーカイブ

ロータリーEクラブの設立に思う

2011年4月9日 土曜日

■Eクラブの設立経緯
・2001年4月 RI規定審議会:試験的プロジェクトの承認
クラブの定款の諸規定がRI定款または細則に合致しないクラブ(上限数を200)の加盟を承認。この試験的プロジエクトの実施期間は5年を上限とすることが決定。

・2001年9月:RI理事会 Eクラブを試験的プロジェクトとして支援することに同意

・2002年1月:インターネットによるクラブが世界で初めて誕生
(サイバークラブ・Rotary e-Club One・D5450 誕生) (www.rotaryeclubone.org)。

・2004年6月 RI規定審議会:Eクラブへのメーキャップ可能
規定審議会の決議により、e-クラブ(サイバークラブ)のホームページに30分参加すればメークアップとして認められることになった。(現在、e-クラブは28クラブ)また、試験的プロジェクトの時間制限を5年から6年に延長することが認められた。

・2007年4月:RI規定審議会:Eクラブの廃止・Eクラブへのメーキャップを認めない提案否決
日本から提案のEクラブ廃止案(148:340)及びメーキャップを認めない案(122:371)いずれも否決。

・2010年4月:RI規定審議会 1地区2つまでEクラブ設立を認める
RI規定審議会において、制定案10-06が圧倒的多数で修正可決され、1地区2つまでのEクラブ設立を認めることが決定した。 (賛成430:反対85)
——————-
■Eクラブ設立に向かって
Eクラブ設立につきましては、別に地区の義務ではありません。試験プロジェクトの段階では日本の主流の意見は、試験的プロジェクト通りの運営がされていない事や、簡単にメークアップができるなどPGDが非難することが多かった。世界ではIT化が進みそのコミュニケ―ション力を外せないことになるが、ご自身が使わないからと言って「食べず嫌い」とでもいう反対が広がっていった。その本質的なことでなく運用法から非難していた。

しかし2010年のCOLで上述しましたように圧倒的多数で賛成され、RIも長期計画などにEクラブの設立を支援する方針が打ち出された。

2650地区でEクラブ設立の推進派は日本で初めて、非難されないしっかりしたクラブをつくろうと目指し、スポンサークラブを探した。2650地区、京都、奈良、滋賀、福井と各ちいきより少なくとも1クラブの、スポンサークラブお募ったが、人数的に多い京都府下ではそのスポンサークラブの名乗りは現在ない状況である。現在4クラブ(福井県で2クラブ、滋賀県、奈良県で各1クラブ)がスポンサークラブである。ただ、クラブが一丸となっていないようにも見える。

ただ、栗田幸雄ガバナーとして実現にむけて積極的に取り組みたいと言うご意向でしたので、微力ではございますが一緒に努力をさせて戴いております。

ガバナーはRIの役員であり、RIの方針を前向きに検討していく必要もあるとお考えのようですし、現状の日本のロータリーの会員減少や老齢化、弱体化を考えますと、今後いろいろな取り組みを検討していくことは大切だろうと思っております。会員の多様性を積極的に進める一翼としてこのEクラブ設立達成に努めております。

実際、RIの新長期計画の具体的な進め方のなかでも、地区としてもEクラブの設立に協力すると言うことが書かかれています。
また、昨年11月のRI理事会で決定されました、会員の多様性を図る新しい4つの試験的プログラム(法人会員、準会員、衛星クラブ、革新性と柔軟性のなるクラブ)なども長期計画のクラブサポートの一環として考えられたものと存じます。

また、2013年COL(規定審議会)にはRI理事会が例会出席、例会のオプション、会員終結に関して、RI定款と標準ロータリー・クラブ定款を改正する立法案を提出すると言われております。

特に、「革新性と柔軟性のあるクラブ試験的プログラム」につきましては、クラブ運営に関わる形式や方法を独自に決定する裁量をクラブに与えるものと定義され、その一例として、クラブは家族会員資格を提供したり、オンラインと対面式の例会を一体化させたりすることができるとあります。
つまり、通常のクラブでもインターネット例会とリアルの例会を組み合わせたり、従来の例会の持ち方やクラブ運営を再検討しようという試みだと考えております。
昨今、創立100年を経てRI自体も時代の流れに従って、クラブ運営や例会のあり方自体を大きく変えようとしているものと思います。
今回、我々の試みがどのような結果になるかわかりませんが、世界のIT化の流れは変えることができないものだと思いますし、RIが推進する若い世代のロータリアンを増加させるような施策も今後、継続されるものと思います。

私自身はEクラブが唯一の解決策だと考えてはいませんが、新しいことにすべて感情的に頭から否定するのではなく、なんでもやってみる、挑戦してみて、少しでもロータリーが良い方向に向くように努力してみるということが大切でないかと考えております。

勿論、ロータリーの理念を変更することには反対ですが、そのやり方や運営の仕方は、時代ともに変えなければならないと思います。

何卒意のあるところをお汲み取り戴ければ幸いに存じます。今後ともどうぞよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
▼詳しくは・・・・
http://www6.ocn.ne.jp/~ytrotary/eclub/index.html
——————————————
スライドを使っての説明会の内容
——————————————-
1.日本の会員とクラブの現状
2.Eクラブの背景と経緯
3.リアルクラブとの違い
4.会費及び予算
5.対象とする会員
6.その他 質疑

栗田ガバナー公式訪問を終えて

2010年8月25日 水曜日

8月24日は、2650地区の栗田ガバナーの第27番目のクラブ公式訪問であった。幹事長、ガバナー補佐と同行され、例会でのアドレスは、協議会での内容と同じであった。あとは規定審議会の採択された内容の報告がありました。

酒本会長、吉村幹事共々スムーズな協議会でほっとされたことでしょう。ご苦労様でした。

当クラブではすでにクラブ定款、細則の更新もしており確認をしているようであった。

例会後のクラブ協議会では、時間の制約もあり5大奉仕担当委員長からの報告とガバナーからのコメントを受け極平々凡々な公式訪問であった。

長期計画、2010年の規定審議会に基づく改正と万事済ませていたことがスムーズに運んだのかもしれない。

会長職を終えて

2010年7月9日 金曜日

2010年7月6日の新年度の第1例会で、会長バッチ交換で、パスト会長バッチを頂きました。

やっと、会長職が終えたという充実感が湧いた一瞬でした。

念願の「クラブの長期計画」の立案もでき、新しくクラブの将来の方向性を纏められたことがなりよりです。

2006年ごろからずっと思っていたCLP(クラブ・リーダーシップ・プラン)導入時に考えなければならないことであったものできたという充実感であろう。

なお、その長期計画を紹介していくのも今後の務めかもしれない、またそれを実行や見直ししていただくのは若い会員の仕事であろう。

創立50周年の準備年としては、まずまずの年であったと思っている。クラブを見直すことで、社会への奉仕につながっていくものと思っています。

また、姉妹クラブ(Twin Club)のオーストラリア、リズモー市のLismore-Westロータリークラブと正式に再締結できたのも今後の国際奉仕の門戸を開いたことになろう。

姉妹クラブ関係再開

2010年4月18日 日曜日

4月13日、姉妹クラブのMr.ハーブリーブスさんが来られ、例会でご挨拶されました。

その前、午前11時から打ち合わせを行いました。彼は、姉妹クラブ締結の最初から携わっておられ、1999年6月に訪問した時も、ブリスベン空港に出迎えてもらって、リズモー西ロータリー・クラブの例会に出席したことを思い出しました。

その時の纏めた写真アルバムをお見せしました。

打ち合わせ内容

1.姉妹クラブ締結書の更新

2.創立50周年を互いに招待する

大和高田RC(2011年3月13日)

リズモー西RC(2011年6月4日)

3.Sustainable Cambodia(プロジェクト名)の協力要請

http://www.sustainablecambodia.org/rotary/

次年度理事会で検討する

これらについて、両者合意をえました。

▼下記、2つのブログを参照してください。

http://sky.ap.teacup.com/ytrotary/220.html

http://sky.ap.teacup.com/ytrotary/221.html

クラブの長期計画の提言

2010年3月18日 木曜日

長期計画の提言

2009-10年度のロータリークラブの会長を仰せつかって、ここ数年前より、RI長期計画(約3年程度)また、クラブの長期計画立案が叫ばれている。創立50周年を2011年3月に迎え、本年度はその準備年と位置づけ、クラブ改革の提言(提案)として、これまで改革構想を「長期計画立案」の名のもとにできればと控えめな期待をもっていました。その機会が本年度、会長職を勤める機会を得て、実施できることになった。ラッキーな年度であった。

立案のプロセスの第1段階の「現状認識」調査を取りあえず昨年8月に実行、今まで集めていたRIや他地区の長期計画の資料を参考にさせて頂き、特に「敦賀RCのクラブ改革の提言」を纏められ刀根さんから頂いたき資料が後押し、決め手で一気に立案が加速しました。

2月から始まった「クラブ長期ビジョン検討委員会」も委員の方にはたくさんの資料で煩わせていると思いますが、熱意も手伝って4回程度の会議でまとめ上げられそうです。

長期(10年先)そして、中期(5年先)のクラブの1つの指針となれば本年度の足跡として幸いなことであります。

21世紀に入り、奉仕団体の会員数が減少傾向の中、ロータリークラブも運営面での改革が叫ばれ「効果的なクラブ」として、CLP(Club Leadership Plan)として運営面での組織の改革ということで地区組織の改革もあり、わがクラブもこのCLPを2005年度から採用したのですが、本来の目的より、組織だけ、委員会構成の改称という程度で・・・楽な面?「継続事業も可」ということで会員には新しい活力を削ぐ奉仕事業となったのも事実である。知力と体力で奉仕という従来の意識が薄れ、親睦団体の様相になりつつある。このような傾向を打破し、本来のロータリー理念をしっかり共有し、活力あるクラブへという思いで本年度中の長期ビジョンの立案を考えた。

幸い、RIテーマ「ロータリーの未来はあなたの手の中に」、地区ガバナーの方針「育てよう、人。」とも、会員が真のロータリアンになることを叫ばれたことも強い見方であったことは間違いありません。

2月から正式に委員会でクラブの長期計画について議論を進めて頂いております。

真のロータリアンは創るもの

2010年3月6日 土曜日

ロータリー・クラブの会員は一般的に会員を「ロータリアン」と呼んでいるが、ロータリアンとロータリーのバッジをつけているだけの会員があることを残念ながら認知している。

それでは、真のロータリアンを簡単に言い表されたのが1985~86年のRI会長エドワード・カドマン氏のことばであろう。

「誰もがこの世の中を変えようとしてロータリー・クラブに入ったのではない、大部分の人間は、仲間が広がる機会を求めて入会したのです。会員は入会して徐々に変化が起こり、単なる人からロータリアンに変身していくのである。

ロータリアンは、生まれるものでなく、創られるものなのである。」として、You are the Key(あなたが鍵です)と訴えられました。

少しでも人のお役に立ち、みんなのためになる、そういう意識をもって奉仕活動に関心を深めることが大切であり、その達成感や充実感がロータリアンを育てることになる。

また、このようにロータリーの会員が次第に奉仕の感動を得ながら、少しづつ真のロータリアンになっていく中で、ロータリーの魅力が生まれてくるのではないだろうかと思います。

ロータリークラブの紹介

2010年2月19日 金曜日

2月3日付けの奈良新聞朝刊に私の投稿記事が掲載されました。今までロータリークラブが行っている地域社会などへの奉仕行事(活動)が主な内容でりましたが、「ロータリーって?何をしている団体か」を知って戴きたいと思って字数に限りはあるもののお書きしました。

2010年新年親睦家族会

2010年1月28日 木曜日

2010年1月24日、恒例の新年親睦家族会

2010/Jan/24

昼1時から一部の「ミュージカルWICKED」(大阪四季劇場)を鑑賞しました。

そのあとヒルトンホテルに移動し、例会、引き続き親睦家族会を開催された。

130名以上の家族、会員の参加のもと楽しく日曜日の6時間を過ごしました。

親睦委員会のお世話、会員、ご家族の多数の参加に感謝する次第です。

ロータリアンも家族の支えあっての例会出席と奉仕活動ができるものである。

家族に感謝!の1日であった。

⇒写真集 http://www.photoshow.com/watch/IE2cC8Zm

第15回源流セミナー

2010年1月28日 木曜日

アルカイックホテルにて

1月23日(土)2680地区PDGである田中毅氏が主宰するロータリーに関する「源流セミナー」に参加してきました。(於)尼崎市、ホテルニューアルカイック2F

参加者には、川崎稲生RCの周年事業の基調講演を田中PDGをお呼びになるということもあり、クラブあげて多数、本セミナーに参加されてたロータリアンがおられました。(参加者:74名)

ロータリーの理論的に理解したいロータリアン(全国からPG,地区委員、会長、クラブ委員長など)が集まってセミナーを受講している。

セミナーにはQ&Aの時間、懇親会、2次会・・・と全国のロータリアンと親睦が図れるのも魅力の一つである。

年1回は、主宰者の地元である尼崎(アルカイックホテル)で開催され、あと1回は地方で開催されている。

私も入会以来、ロータリーの情報や知識を得たのは、ロータリーの源流のWebサイトであり、このセミナーである。

ロータリーの基本には職業奉仕というものがあり、その理論は、アーサー・フデリック・シェルドンが著した販売学が元になっている。

ロタリーを知ることは、先達の宗教的な面等を含んだ話にはその人の考えが入っている。

純粋に理解するには「第1次文献を読むことである」と絶えず主張されている。

今回は、ロータリーの創設期(1905年~)から現在までの「ロータリーにおける5つの危機」のセミナーであった。

献血

2009年11月16日 月曜日

64才になって400CC献血しました。11月15日、地域の活性化を目的に大和高田市「元気ウィークリー」の一つのイベントとして「消防フェスタ」が防災、防火、救急に対する啓発を目的に開催された。大和高田ロータリークラブはそのフェスターの1つとして、日本赤十字社とタイアップして「献血コーナー」を主催させて頂いた。もう5年間も続いた行事であります。

今まで、献血には不適格者と思い込んでおりました。(入社当時20代~30代はいつも比重不足といわれ、献血することから遠のいておりました。)

この度、ダメ元と思い献血に参加した。トップバッターでありプレッシャーがあったが幸い私の血は献血可能ということで400mlを献血できました。

大変うれしいことでまた参加できることを喜んでおります。

写真は、当日お世話いただいた社会奉仕委員会メンバー(長谷川委員長、下村副委員長、小田、竹川、吉田委員)と酒本会長エレクト、大武幹事、植野、甲村会員が会場に来られました。