クラブの長期計画の提言

2010年3月18日

長期計画の提言

2009-10年度のロータリークラブの会長を仰せつかって、ここ数年前より、RI長期計画(約3年程度)また、クラブの長期計画立案が叫ばれている。創立50周年を2011年3月に迎え、本年度はその準備年と位置づけ、クラブ改革の提言(提案)として、これまで改革構想を「長期計画立案」の名のもとにできればと控えめな期待をもっていました。その機会が本年度、会長職を勤める機会を得て、実施できることになった。ラッキーな年度であった。

立案のプロセスの第1段階の「現状認識」調査を取りあえず昨年8月に実行、今まで集めていたRIや他地区の長期計画の資料を参考にさせて頂き、特に「敦賀RCのクラブ改革の提言」を纏められ刀根さんから頂いたき資料が後押し、決め手で一気に立案が加速しました。

2月から始まった「クラブ長期ビジョン検討委員会」も委員の方にはたくさんの資料で煩わせていると思いますが、熱意も手伝って4回程度の会議でまとめ上げられそうです。

長期(10年先)そして、中期(5年先)のクラブの1つの指針となれば本年度の足跡として幸いなことであります。

21世紀に入り、奉仕団体の会員数が減少傾向の中、ロータリークラブも運営面での改革が叫ばれ「効果的なクラブ」として、CLP(Club Leadership Plan)として運営面での組織の改革ということで地区組織の改革もあり、わがクラブもこのCLPを2005年度から採用したのですが、本来の目的より、組織だけ、委員会構成の改称という程度で・・・楽な面?「継続事業も可」ということで会員には新しい活力を削ぐ奉仕事業となったのも事実である。知力と体力で奉仕という従来の意識が薄れ、親睦団体の様相になりつつある。このような傾向を打破し、本来のロータリー理念をしっかり共有し、活力あるクラブへという思いで本年度中の長期ビジョンの立案を考えた。

幸い、RIテーマ「ロータリーの未来はあなたの手の中に」、地区ガバナーの方針「育てよう、人。」とも、会員が真のロータリアンになることを叫ばれたことも強い見方であったことは間違いありません。

2月から正式に委員会でクラブの長期計画について議論を進めて頂いております。

真のロータリアンは創るもの

2010年3月6日

ロータリー・クラブの会員は一般的に会員を「ロータリアン」と呼んでいるが、ロータリアンとロータリーのバッジをつけているだけの会員があることを残念ながら認知している。

それでは、真のロータリアンを簡単に言い表されたのが1985~86年のRI会長エドワード・カドマン氏のことばであろう。

「誰もがこの世の中を変えようとしてロータリー・クラブに入ったのではない、大部分の人間は、仲間が広がる機会を求めて入会したのです。会員は入会して徐々に変化が起こり、単なる人からロータリアンに変身していくのである。

ロータリアンは、生まれるものでなく、創られるものなのである。」として、You are the Key(あなたが鍵です)と訴えられました。

少しでも人のお役に立ち、みんなのためになる、そういう意識をもって奉仕活動に関心を深めることが大切であり、その達成感や充実感がロータリアンを育てることになる。

また、このようにロータリーの会員が次第に奉仕の感動を得ながら、少しづつ真のロータリアンになっていく中で、ロータリーの魅力が生まれてくるのではないだろうかと思います。

てんま天神梅まつり

2010年2月23日

(写真はYahoo!のwebサイトより)

大阪天満宮の「梅まつり」は有名ですが、最近は訪れたことがありません。

今年は、2月8日~28日らしいが毎年違っている。梅の開花時期によるのだろうか?

天満宮といえば菅原道真公。大宰府天満宮、防府天満宮、北野天満宮と日本全国に天満宮は数あれど、大阪で天満宮といえば日本三大祭・天神祭のメイン舞台としても知られる大阪天満宮がつとに有名でしょう。

菅原道真の歌

「東風(こち)吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」といえば天神さま、学問の神様こと菅原道真公(845年~903年)。その地位と才能を嫉妬されて根も葉もない冤罪によって大宰府に左遷させられる道真公が、京都の邸宅「紅梅殿」を離れるさいに詠んだ晩年の歌です。

「うつくしや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にも つけたくぞある」というのも同じく道真公の歌。これはなんと道真公が5歳の時に詠んだもので、あこ(阿呼)というのは道真公の幼名です。「きれいな紅の梅をぼくの顔にもつけたいな」という何とも可愛いらしい歌ですが、これらの歌に見られるように5歳の頃から晩年に至るまで、道真公は終生、梅の花を愛した詩人でありました。

大阪天満宮の表門(大門)をくぐって、まずはご本殿にて参拝をすませますが、さっそく大きな盆梅が飾られていて目を奪われます。向かって左の赤い盆梅が「あけぼの」で寿命110年。右の白い盆梅が「唐衣」。こちらはなんと寿命280年(享保年間からのもので徳川将軍で言えば徳川吉宗の時代の盆梅)という逸品です。

オンライン申請講習会

2010年2月21日

オンライイン申請(e-Taxとe-Gov)講習会(受講料:無料)

今回、パソコンスクールWindowは講習会の開催会場となり、私は講師として参加しておりますが、講習会が開催されていることを知らない方が多いようです。受講された方は分かりやすい、オンライインで申請するとおしゃる方がほとんどです。e-Govの受講者が少なく、時期的に見てe-Taxの受講者が圧倒的多数です。

テキストは非常に分かりやすく編集され、21年度申請にピッタりと評判です。

▼受講申し込み先

http://lets-online.go.jp

今回の講習会の概要は下記通りです。

H21年度総務省の事業として、「オンライン申請サポート事業」に伴う講習会

国民全体のオンライン申請に関するリテラシー底上げのため、利用の進展が見込まれる手続き(年金加入記録の閲覧、国税・地方税の申告)を対象に全国各地で地域住民に対する講習を開催し、5万人を目標に住民がオンライン申請を行うことをサポートする事業です。

【参考】

・年金加入記録の閲覧(e-Gov):

 http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/index.htm

・国税の電子申告(e-Tax):

http://www.e-tax.nta.go.jp/index.html

【事業名】

オンライン申請サポート事業

【目的】

「重点計画-2008」(平成20年8月20日IT戦略本部決定)において、電子行政の推進、とりわけ行政手続のオンライン利用促進が国の重点施策として位置付けられるとともに、 「重点計画-2008」を受けて定められた「オンライン利用拡大行動計画」(平成20年9月12日IT戦略本部決定)においては、e-Tax等国の重点手続のオンライン利用率を2011年度末までに66%とする目標値が掲げられているが、これを達成するためには、国の責任において高齢者や中小・零細事業者を含めた国民全体のオンライン申請に関するリテラシーの底上げを図ることが不可欠である。

また、「デジタル新時代に向けた新たな戦略~三か年緊急プラン~」(平成21年4月9日IT戦略本部決定)において、オンライン利用に関する学習機会の提供等国民の電子行政に関するリテラシーを向上させるための取組を促進することとされている。このため、特に利用の進展が見込まれる手続きを対象に、全国各地で地域住民に対する講習を開催し、住民が実際にオンラインで申請を行うことをサポートする事業を実施する。

【講習会概要】

住民が実際にホームページ上から手続きを実施できるよう、インターネット接続が可能な環境を整えた全国各地の講習場所において、集合形式の講習を実施する。なお、民間PC教室、NPO等が幅広く参画する体制を構築するものとする。

(講習会内容)

①e-Gov電子申請システムを利用した年金加入記録照会・年金見込額試算(電子申請)の申込み(以下「e-Govによる申請」という。)

②国税電子申告・納税システムを利用した所得税の確定申告(以下「e-Taxによる申告」という。)
※受講者に係る個人情報等の漏洩等を防止する観点から、受講者個人の具体的なデータの入力は行わないこととする。 

②国税電子申告・納税システムを利用した所得税の確定申告(以下「e-Taxによる申告」という。)
※受講者に係る個人情報等の漏洩等を防止する観点から、受講者個人の具体的なデータの入力は行わないこととする。

ロータリークラブの紹介

2010年2月19日

2月3日付けの奈良新聞朝刊に私の投稿記事が掲載されました。今までロータリークラブが行っている地域社会などへの奉仕行事(活動)が主な内容でりましたが、「ロータリーって?何をしている団体か」を知って戴きたいと思って字数に限りはあるもののお書きしました。

Windows7搭載ノートついに買ってしまった

2010年2月3日

Windows7の入ったパソコン買ったよ

1月26日大阪へ行ったついでに時間もあったので、久しぶりに日本橋界隈をうろうろ、中古品などを見回ったがパソコンの台数はどこのお店も少なくなっているようだ。いつも行く九十九電機はヤマダ電機に買収され・・・今はその難波店はドスパラに代わっていた。

Windows7搭載のPrimeノートあちこち回ったあと、そのドスパラに入って・・・パソコンを見回って、店員さんに、ドスパラのブランド「Prime」のスペックを聞いているうちにPrime Note Rigel DC01ベースのノートを買ってしまった。(写真は設定を始める時点の写真です。)

OS:Window7Professional,64bit, HDD2パーテーション,メモリ4G,外付けDVDドライブ,マウス

品物は29日に到着。日曜日に既に買っておいたOffice,外付け1TBのハードディスク、その他必要なソフトをインストールして、インターネットの共用など設定して一日快適なWindows7をいじっていました。Acrobatをインストールしてプリンター以外でトータル145,000円位・・・パソコン本体の倍以上になってしまった。

これで、取りあえずはWindow7のPCを持ったことになる。必要に応じて外での仕事にも軽いパソコン・・薄さが気に入っている。

教室のパソコンはWindowsXPが主体、一部Vista・・・これでWindow7の入ったノートを持ってこられる生徒さんにも取りあえず対応できることになった。

最近のスクールの生徒さんは、ノートを持参する方が多く、パソコンの設定が1つのサービス授業にもなってきている。

自分のパソコンで学習がよいのだろう・・・しかし、ウィルスチェックなどした後ということにしている。

もう少し隅々までチェックしておこう。

今のところ、支障のあるソフトはなく,プリンタも64bit対応のドライバーを入れたぐらいであった。

2010年新年親睦家族会

2010年1月28日

2010年1月24日、恒例の新年親睦家族会

2010/Jan/24

昼1時から一部の「ミュージカルWICKED」(大阪四季劇場)を鑑賞しました。

そのあとヒルトンホテルに移動し、例会、引き続き親睦家族会を開催された。

130名以上の家族、会員の参加のもと楽しく日曜日の6時間を過ごしました。

親睦委員会のお世話、会員、ご家族の多数の参加に感謝する次第です。

ロータリアンも家族の支えあっての例会出席と奉仕活動ができるものである。

家族に感謝!の1日であった。

⇒写真集 http://www.photoshow.com/watch/IE2cC8Zm

第15回源流セミナー

2010年1月28日

アルカイックホテルにて

1月23日(土)2680地区PDGである田中毅氏が主宰するロータリーに関する「源流セミナー」に参加してきました。(於)尼崎市、ホテルニューアルカイック2F

参加者には、川崎稲生RCの周年事業の基調講演を田中PDGをお呼びになるということもあり、クラブあげて多数、本セミナーに参加されてたロータリアンがおられました。(参加者:74名)

ロータリーの理論的に理解したいロータリアン(全国からPG,地区委員、会長、クラブ委員長など)が集まってセミナーを受講している。

セミナーにはQ&Aの時間、懇親会、2次会・・・と全国のロータリアンと親睦が図れるのも魅力の一つである。

年1回は、主宰者の地元である尼崎(アルカイックホテル)で開催され、あと1回は地方で開催されている。

私も入会以来、ロータリーの情報や知識を得たのは、ロータリーの源流のWebサイトであり、このセミナーである。

ロータリーの基本には職業奉仕というものがあり、その理論は、アーサー・フデリック・シェルドンが著した販売学が元になっている。

ロタリーを知ることは、先達の宗教的な面等を含んだ話にはその人の考えが入っている。

純粋に理解するには「第1次文献を読むことである」と絶えず主張されている。

今回は、ロータリーの創設期(1905年~)から現在までの「ロータリーにおける5つの危機」のセミナーであった。

年末・年始~Twenty four season7~見つづけた

2010年1月2日

フジTV系の関西TVで年末~年始にかけ深夜から早朝まで24seasnⅦをみつづけてしまった。ストーリーのドキドキ感、面白さもあった。暇な年末年始も手伝ったかもしれない。

▼詳細

http://ktv.jp/sp/24/

関西TVのwebでの紹介文

アメリカ初の女性大統領が誕生したばかりのワシントンD.C.。『24リデンプション』で子供たちを救うためサンガラの米国大使館に出頭し、アメリカに強制送還させられたジャックは、CTU時代の行き過ぎた捜査について公聴会で厳しい追及を受けていた。その最中、FBIの女性捜査官ルネ・ウォーカーが現れ、議長のメイヤー上院議員にジャックの引き渡しを要求。FBIワシントン支局に移送されたジャックは、ルネから通信、交通、電力網などのインフラ防護システム、CIPファイアウォールの設計者であるマイケル・レイサム誘拐事件の捜査協力を要請される。自分は引退した身と丁重に断るジャックに、ルネは首謀者のひとりだと言い、映像を見せる。そこに映っていたのは、死んだはずのトニー・アルメイダだった。

#1、2 12/28(月) 深夜1:50~3:50
#3、4 12/29(火) 深夜2:40~4:30 
#5~7 12/31(木) 深夜3:05~5:50
#8~11 1/1(金) 深夜1:50~5:25
#12~14 1/2(土) 深夜2:35~5:25
#15 1/11(月) 深夜2:20~

A happy new yearの’A'とは

2010年1月1日

クリスマスカード1998年4月のロータリープログラムのGSE(Group Sudy Exchange)で来られたフィンランドチームのRoininen(銀行員)さん、日本の女性(その時の日本からのGSEメンバー)と結婚して10年過ぎ小3、1年の2人のお子さんフィンランド教育の真っただ中という頼りのあるクリスマスカード。

Hyuaa Joulua ja Dnnellista Uutta Vuotta
メリークリスマス 新年おめでとう?

Marry X’mas and a happy New yearと言うところかな

ここで’A happy New Year’ と’Happy New Year’の違いって?

A happy New Yearは「よいお年をお迎えください」でHappy New Yearは「明けましておめでとう」という意味だと聞かされたことを思い出す。

だから、クリスマスカードは12月25日だから’a'を付け’A happy New Year’というらしい。

From
H.SUGITA